2016年11月28日

いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよ

いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。



実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、より良い雇用環境に就くためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、焦らず比較検討するとよいでしょう。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで様子を見るのがベターです。

やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあると悪いイメージにつながるかというと、絶対そうであるとは言えません。自己PRのやり方次第では、経験が豊かで意欲があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。そうは言っても、勤務期間が短過ぎてしまうと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる場合も少なくないでしょう。
育児のために転職する看護師も少なくありません。特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、日中のみ働くことができたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが探せると良いと思います。

子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もたくさんいますが、お金がないと子育てに困りますので、看護師の資格を無駄にしない転職先を探してみましょう。看護師の資格を手にするには、何通りかのパターンが挙げられます。
看護師免許を手にするためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護を学ぶことが必要だというわけです。
看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても違います。


職場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。

2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
posted by くらべる君 at 00:34| Comment(0) | 日記

2016年11月18日

看護師のための転職サイトの中に、お祝

看護師のための転職サイトの中に、お祝い金を受け取れるサイトがあります。


転職するだけなのにお金をもらえるのはハッピーですよね。

しかし、祝い金を受け取るための条件が大抵はあるため、申し込みの前に確認をしておくようにする方が損しませんね。



それに、お祝い金がもらえないサイトの方がその他のサービスが充実している場合もあります。

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても変わります。

仕事場においては一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。


約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制の病院の方が多いといえます。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。

看護スタッフ募集のお知らせは、ハロワやアルバイト情報誌などには出てこない案件も少なくありません。

ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションを間に入って話してくれる場合もあります。日本全国の看護師の年収は平均して437万円くらいです。


ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生の点も充実しています。

準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。
看護師免許を得るには、何通りかの道すじが挙げられます。看護師免許を取得するには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。


試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要だというわけです。
posted by くらべる君 at 01:39| Comment(0) | 日記

2016年11月11日

看護師免許を得るには、何通りか

看護師免許を得るには、何通りかの道が挙げられます。看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、すぐに受験することは認められません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について勉強することが必要だというわけです。看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには喜ばしいことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保ち続けています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格できる国家試験です。看護師の転職を成功させるには、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。それから、どんな点が大切なのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。


将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めてください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、大半の人は賞与が出てから退職するため、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。
たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、人材募集が増加してくるタイミングまで経過を見守るのが望ましいです。
看護師の転職の技としては、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。
加えて、3ヶ月程掛けて細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。


焦った状態で次の仕事に就くと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、自分の条件に合う職場をじっくりと見つけましょう。

以上から、自らの希望の条件をハッキリさせることが重要です。
posted by くらべる君 at 02:01| Comment(0) | 日記