2016年11月28日

いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよ

いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。



実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、より良い雇用環境に就くためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、焦らず比較検討するとよいでしょう。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで様子を見るのがベターです。

やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあると悪いイメージにつながるかというと、絶対そうであるとは言えません。自己PRのやり方次第では、経験が豊かで意欲があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。そうは言っても、勤務期間が短過ぎてしまうと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる場合も少なくないでしょう。
育児のために転職する看護師も少なくありません。特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、日中のみ働くことができたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが探せると良いと思います。

子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もたくさんいますが、お金がないと子育てに困りますので、看護師の資格を無駄にしない転職先を探してみましょう。看護師の資格を手にするには、何通りかのパターンが挙げられます。
看護師免許を手にするためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護を学ぶことが必要だというわけです。
看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても違います。


職場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。

2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
posted by くらべる君 at 00:34| Comment(0) | 日記