2016年12月23日

看護師が転職を考えるきっかけは、人間

看護師が転職を考えるきっかけは、人間関係という人が大変多いです。女性がたくさんいる職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。
その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する原因といった人も出てきています。


厳しい環境の中で無理して働いていると、体調を崩しやすくしますから、早く転職することをお勧めします。

看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保っています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をパスできれば合格可能な国家試験です。
看護師であっても転職している回数が少なくないと印象が悪くなるかというと、絶対そうであるとは言えません。自己PRのやり方次第では、意欲と経験があるといった印象にもっていくことも可能でしょう。



ですが、働いている期間がほんの少しであると、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われることもありえるでしょう。
看護師として働く人が転職しようとする時、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。けれど、一生懸命に看護師資格を得たのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。全く異なる職種だとしても、有利となる職場は多くあります。
頑張って得ることのできた資格ですから、使わないのは損になってしまいます。



看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊であり、就職先によっても変わってきます。体制は一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという勤務先も多いものです。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
posted by くらべる君 at 01:40| Comment(0) | 日記