2016年10月31日

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望の理由付けです。
どういう訳でその勤務場を選んだのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはたやすくはありません。



高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますがそうした好待遇にフォーカスするより、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、将来性を連想させる志願内容が比較的通過しやすいようです。



看護専門職が職場を移る根拠としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。

前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、待遇が良くなかったといった、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、それだけで評価を下げることになりかねません。
要因として現にあったとしても素直に明かす意味もありませんので、ポジティブな印象を与える応募動機を告げるようにして下さい。

いわゆる看護師の人のための転職サイトの中で、祝い金をもらえるサイトが存在します。転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてハッピーですよね。


けれども、祝い金を出してもらうためには条件が大抵はあるため、先にチェックしておくようにするのが良いでしょう。また、祝い金を出してくれないところの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。看護士を目指す理由は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の場合の志望動機はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。

前の職場の批判や陰口は言わないようにしてください。
日本での看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。

準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
posted by くらべる君 at 12:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: