2016年11月11日

看護師免許を得るには、何通りか

看護師免許を得るには、何通りかの道が挙げられます。看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、すぐに受験することは認められません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について勉強することが必要だというわけです。看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには喜ばしいことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保ち続けています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格できる国家試験です。看護師の転職を成功させるには、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。それから、どんな点が大切なのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。


将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めてください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、大半の人は賞与が出てから退職するため、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。
たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、人材募集が増加してくるタイミングまで経過を見守るのが望ましいです。
看護師の転職の技としては、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。
加えて、3ヶ月程掛けて細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。


焦った状態で次の仕事に就くと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、自分の条件に合う職場をじっくりと見つけましょう。

以上から、自らの希望の条件をハッキリさせることが重要です。
posted by くらべる君 at 02:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: