2016年12月19日

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても違います。


職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。


しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。


よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。加えて、3ヶ月程掛けて念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。



先走って次の仕事へ行くと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望する条件に適した仕事を念入りにチェックしましょう。
このため、自らの条件をハッキリとさせておきましょう。



看護師のためだけにある転職サイトの中には、お祝い金を受け取れるサイトがあります。

転職してお金を受け取れるなんてラッキーですよね。

しかし、祝い金を受け取るための条件がないことは少ないので、先にチェックしておくようにしましょう。



また、祝い金を出してくれないところの方がサービスが良い場合も出てきます。

看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。

看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには出てこない案件も珍しくありません。看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、求人元を「気風」という点からも検討できます。
躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあります。



看護師の国家試験に合格することよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校は大変厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年してしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
posted by くらべる君 at 00:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: